医療脱毛した後のお肌は変わるの?

美容外科で医療脱毛の施術を受けたいと考えている人の中には、施術を受けた後の肌の変化を気にする人が少なくありません。実は、医療脱毛の施術を受けた後の肌は、熱によるダメージを受けた状態になっており、赤みやかゆみが生じたり、ヒリヒリ感が出ます。そのため、複数回施術が行われる医療脱毛では、肌が施術によるダメージから回復したのを医師が確認してから次回の施術が行われます。

医療脱毛によって受けた肌のダメージは、施術を受けた日から数日程度でほぼ無くなって、再び施術が受けられる状態になりますが、これはあくまで施術を受けた後、医療脱毛おすすめ医療機関のスタッフからの指導通りにアフターケアを行いながら過ごした場合にいえることです。きちんとアフターケアを行わなければ、肌のダメージの回復が遅れて、次の施術を受けるタイミングが先延ばしにされてしまうので注意が必要です。

例えば、施術を受けた日からしばらくの間は、処理された部分の皮膚に軟膏や保湿クリームを特に念入りに塗る必要があるでしょう。処理された部位は乾燥しやすくなっているので、そのままにしておくと、赤みやかゆみからの回復が遅れる可能性があるからです。特に、医療機関から塗り薬が処方された場合は必ずそれを使うようにしましょう。また、肌を露出させた状態で外出したり、ボディーソープで力を入れて身体を洗うなど、肌のダメージがひどくなる可能性があるような行動は控えるようにしなければなりません。肌のダメージが大きく残っている施術当日は、風呂やシャワーも控えるようにしましょう。